独自のオンラインストレージを構築する

Posted by admin in : Categories: Tips インターネット

      

ファイルを共有したりするのに便利なオンラインストレージ。
Google driveやDropboxなど無料で利用できるサービスもありますが、容量は5Gぐらいが一般的で、それを超えるものは有料となります。
複数のサービスを利用すれば、数十ギガの容量を確保することもできますが、管理が面倒ですね。

独自にホームページを開設している方ならサーバーの空きスペースをオンラインストレージとして活用してはいかがでしょうか。
利用するのは”AjaXplorer”というフリーのプラグインです。データベースを使わずにajaxで軽快に動作します。導入は”AjaXplorer“から最新版をダウンロードして利用したいサーバースペースにアップロードして設定をするだけです。

AjaXplorer

以下、導入手順。

  1. 最新のパッケージをダウンロードして解凍。
  2. パッケージのフォルダにはバージョンなどが入った名前が付いているので独自のものにリネームするといいでしょう。
  3. パッケージフォルダのconf/bootstrap_conf.php の<?php のあと2行目辺りに
    setlocale(LC_ALL,’ja_JP.UTF-8′); を追記。
  4. パッケージフォルダごとアップロード。結構時間がかかります。
  5. アップロードが完了したら、パッケージディレクトリ内、data以下すべてのフォルダのパーミッションを書き込み可に変更(755など)。
  6. アップロードしたディレクトリにアクセスするとインストール確認画面が表示されます。表示されているWARNINGは特に問題ないはずです。SSLを利用する場合はインストール時にSSLのURLでアクセスしてインストールします。画面上部の”click here to continue to AjaXplorer”をクリック。AjaXplorer-install

     

  7. インストールが完了するとログイン画面が表示されます。デフォルトではLogin 、Password とも admin でログインできます。
  8. ログインして、まず右端のLogged as admin と表示されているセレクトメニューのLanguageから日本語を選択して設定すると日本語に変わります。次に同じセレクトニューからパスワード変更をクリック。現在のパスワード admin から新しくパスワードを設定します。

以上で初期設定は完了です。

あとは、左端のセレクトメニューから、”Default Files”、”My Files”、”共有要素”、”設定” で作業できます。
ファイルのアップロードはドラッグ&ドロップでも可能。
設定画面でユーザーの追加やルールの作成。
共有要素でファイルの共有。

【共有方法】
My Files に作成したフォルダを他のユーザーと共有したい場合は、フォルダーを右クリック、公開リンクを選択、権限を”読み取り”、”読み取り&書き込み”、”アップロードのみ”のいずれかに設定し、共有したいユーザーを選択して設定完了。選択したユーザーとの共有が可能となります(ユーザーのメニューに表示されるようになる)。

また、ファイルのダウンロードリンクを作成してメール送信することもできます。ファイルを右クリック、公開リンクを選択、ウィザードでDL可能日数、DL可能回数、パスワードの設定を行いメールで送信します。メール受信者はリンクをクリックしてDLページからDL可能となります。

便利に使えそうですね。但し、セキュリティーは自己責任で万全に。

Address

〒515-2332 三重県松阪市嬉野津屋城町1355-4
Phone: 0598-30-5698
Mobile:080-6929-0023

Email: webmaster@aquacube.biz
Website: www.aquacube.biz
Facebook Twitter Rss

お問い合わせ